Happy Life

自分らしく笑顔で前向きに過ごすための気づきや情報・日々の思いを書いていきます。

相反するもの。

みなさん、こんにちは(^^)

 

わたしは以前に、数秘術を鑑定してもらい、はじめて自分の長年のモヤモヤが解消されたと書きました。

 

hanayuka-blog.com

 

この結果は、わたしにとっては結構衝撃で、わたしの生きづらさとなっていた葛藤は、生まれた時から定められた「宿命」のようなものだったのかもしれないなと思いました。

 

わたしの数秘術の主となるライフパスナンバーは「7」。

「7」は探究心旺盛で、思慮深く、真理追求する数字。また、独自の世界観を持ち、一人の時間を大事にする。孤独を愛し内なる自分と対話しながら、心静かに瞑想することを好む。その中から得た深い知恵とインスピレーションで物事を鋭く見極め、他に頼ることなく人生を自分の歩調で歩んでいくことができる。精神性をとても重んじる。といった意味があります。

 

そして、ペルソナ数は「3」。他人から見られている自分です。

「3」は明るく楽天家。いつも自分の好きなことに取り組み、周囲の人も笑いの世界に引き込んでいくエンターテイメント性がとても高いという印象を人に与えている。「遊ぶ」「楽しむ」ことの天才。もしネガティブに見られる要素が強いなら、能天気で周りを巻き込んでしまう、お調子者と捉えられているかもしれません。といった意味があります。

 

ハート数は「9」。魂の部分が求めていることです。

「9」はどのような人でも受容し理解し、そして共感することで、常に寛大で柔軟な心の持ち主でありたいと望む数字。人がみんな幸せで平和な社会になっていくことを考えている。世界平和という高い理想を持ち、地球が愛で潤うために少しでも貢献していくことで、魂は浄化され輝いていく。という意味があります。

 

最後に、表現&使命数は「3」。社会に対して表現していくことや役割や使命です。

ここでの「3」は、多くの人に生きる喜びと幸せをもたらすこと。人を笑わせ、明るい気分にさせながら、人生の楽しさやユーモアを、笑いと共に提供していくことでしょう。人々が喜び、ハッピーになるものをどんどん創り出し、自らヒーローになって明るい社会を築いていくことが使命。という意味があります。

 

この数秘の結果を知り、見てもらった人に「7」と「3」は正反対の意味を持つ数字だから、葛藤が起きるのだよと教えてもらいました。

 

わたしは自分の中にある二面性に生きづらさを感じていました。

 

とても思慮深い自分と楽観的な自分。

 

いったい、どっちが「本当の自分」なんだと、何度葛藤したことでしょうか。

 

周りからも、関わる人によってどっちかの自分に見られ、本当の自分はそうじゃないのにと悔しい思いをしたこともありました。

 

でも、本当はどっちの自分も「自分」でした(笑)

 

そして、面白いことに他の占星術でも同じような「結果」があったのです。

 

すべては必然とはこのことだなと実感します。

 

少し長くなったので、次回へ続きます。

 

今回も読んでくださりありがとうございました。