Happy Life

自分らしく笑顔で前向きに過ごすための気づきや情報・日々の思いを書いていきます。

親を選んで産まれてくる子供達。

みなさん、こんにちは(^^)

 

先日、「池川明先生」という産婦人科医の先生のお話を動画で見ました。

 

池川先生は、「胎内記憶」について、世界に広める活動をされている方です。

 

今回は、その「胎内記憶」のことについて書きました。

胎内記憶とは

みなさんは、「胎内記憶」というものをご存知でしょうか?

 

胎内記憶とは、「子供がお母さんのお腹の中にいた時の記憶」のことを言います。

 

池川明先生の行った調査によると、3人に1人の割合で、胎内記憶を持っているということがわかっているそうです。

 

実際、わたしの知人の子供も胎内記憶があるということを聞いたことがあります。

 

もしかしたら、読んでくださっている方の子供さんも胎内記憶を話されるお子さんもおられるかもしれません(^-^)

 

そして、その胎内記憶を話す子供たちは、胎内にいた記憶だけでなく、お腹の中に来る以前のことも話されるようです。

わたしたちが産まれた理由

わたしたちは「親を選んで産まれてきている」という話を聴きます。

 

その選ぶ理由は、人それぞれなのだそうです。

 

「ママが一番可愛かったから。」

「優しそうだったから」

「楽しそうだったから」

 

と話されることもあれば、

 

「ママを幸せにしたかったから」

「可哀想だったから」

 

と話される子供達もいるようです。

 

何年か前に、「すみれちゃん」という、胎内記憶を話した子のことを書いた「かみさまは小学5年生」という本を読んだことがありました。

 

たしか、「胎内記憶」のことを知ったのは、その本を読んだからだったと思います。

 

また最近、すみれちゃんの違う本を読み、その本に書かれていたのですが、すみれちゃんは、お母さんの胎内に入る前、神さまから、「このママのところに行きなさい」って言われたそうです。

「この人は自分の使命を手伝ってくれる人だから」って。

 

そして、すみれちゃんは納得して、自分で選んでお母さんのところにやってきたと書かれていました。


池川先生が子供達に、「何のために産まれてきたの?」

と聞くと、「人の役に立つため」と答えられたそうです。

 

そして、いろんな表現があるようですが、子供たちは、「お空からきた」と言われます。

 

そして、その「お空」で、生まれる目的を考えるそうです。

 

わたしたちはみんな、「生まれる目的」を持って、この世に誕生してきています。

 

 

そして、それが「人の役に立つこと」だそうです。

 

 

子供達が、一番最初に役に立ちたいのは、

「お父さん、お母さん」だそうです。

 

特に、「お母さん」の役に立ちたいのだと言います。

 

池川先生のいろんな子供たちから聞いた中での見解では、

子供達には「ミッション」があり、

 

まず、お腹の中に来た時点から、「お母さんを幸せにすること」がミッションにあるようです。

 

お母さん自身が幸せを感じることが、子供たちのためになるのですね(^-^)

また、子供たち、お母さんの幸せのためにはお父さんの幸せも大事なのだと思います。

 

そして、「自分らしく楽しく過ごすこと」

 

そして、「人の役に立つ」ということを人生を通して、行なっていくようです。

 

その話が本当なら、わたしたちはそんなミッションを持って、産まれてきているのですね(^ ^)

みんなが愛の存在

胎内記憶を持った方が「この世界は、光の粒でできている」と言われていたそうです。

 

そして、その「光の粒」を「愛」と呼んでいたと。

 

池川先生が、「愛」という粒子でこの世ができているとしたら、この世は「愛」でできている。

 

宇宙は「愛」で、人はその粒子でできているから当然、「愛」になる。

 

この世のすべては「愛」なのだと話されていました。

 

そして、母親も「愛」の粒子でできている。

産まれるまで母の「愛」のお腹の中にいた赤ちゃんに「愛」が伝わらないはずがないと。

 

胎児の「愛」は、母親の100倍なのだと話されていました。

 

確かに、赤ちゃんは「愛」そのものの存在ですよね(^-^)


大人になるにつれて、「愛」という純粋な心が覆い被さってしまいますが、

本当はみんな「愛」の存在なのだということを知れば、みんなが「幸せ」を感じることができるし、この世界はとても素敵な世界になるんじゃないかなと思います。

 

「胎内記憶」のことは、科学的に証明ができていないので、信じない方も多いかも知れませんが、その子供達が話していることがもし本当なら、子供さんを持つ親御さんの希望や励みにもなるだろうなと思います。

 

また、自分が親を選んで産まれてきたこと、その環境に、その性質に産まれてきたことが必然なのだとしたら、辛かったこと、悲しかったこと、どんな経験もすべてに意味があります。

 

それに、魂の成長というのも、産まれてくる理由でもあるのでしょうね。

 

だからこそ、いろんな経験は魂の成長にもつながっている。

 

 

そして、天にいる時に決めてきた「ミッション」を自然と行っている方も多いと思いますが、いろんな経験を通して学んだことをその「ミッション」につなげることができるのだと思います。

 

 

まず何より自分が「楽しく幸せになること」

 

 

これは一番、大事なのだと思います。

 

 

最後に、池川先生のお話で、紹介されていた絵本を見て、とても心があたたかくなったので、それを貼り付けました。

 

ぜひ、見てみてくださいね♪

 

こういった話が、たくさんの人たちに広まるといいなと思いました(^-^)

 

では、今回も読んでくださりありがとうございました。


www.youtube.com