Happy Life

自分らしく笑顔で前向きに過ごすための気づきや情報・日々の思いを書いていきます。

過去の手放し。

興味があって始めたタロットの学び。

 

先日、鑑定の実践練習をしました。

 

お互い鑑定の仕合いをしました。

 

鑑定される側になり、わたしは、今後のことについて占ってもらいました。

 

最終結果で出てきたカードは、「カップの6」の逆位置。

この逆位置の教えてもらった意味は、

 

「過去の考え・やり方が役に立たない、過去に無意味に執着する、もう過去を振り返っても役に立たない、もっと未来へ目を向けるように、という警告」

 

でした。

 

「十字スプレッド」という、10枚のカードを引いて読み取る方法で練習しましたが、タロットは不思議と心の中がわかるんだなと、いつも感じさせられます。

 

 

「未来に目を向けるように」と。

 

 

心当たりがありました。

 

 

同じ時期に、あるカードを引きました。

 

そのカードに書かれていた言葉は、

 

「わたしは許します」

 

「自分や他者を許せば、わたしは過去から解放される。許すことでほとんどすべての問題が解消する。許しは、自分への贈り物。わたしは許して自由になる」

 

でした。

 

「許し」

「過去からの解放」

 

 

先日も、「許し」が大事だという記事を書いたところであり、このカードの言葉にもドキッとしました。

 

 

未来に向けて、今のわたしに必要なことをカードが教えてくれているのだろうかと思いました。

 

 

「人への許し、自分への許し、そして、過去の手放し」

 

心に落ちるものがありました。

過去の自分

今、いろいろ学んでいて、違う場所にいる人たちと出会い、新しいことを学んでいく中で「自分」というものを再認識したことがありました。

 

 

その中には、「過去の自分」が存在していました。

 

 

子供の頃、心の中で強く感じていた感覚。

 

 

ぐっとこらえ、我慢している感覚。

 

 

我慢していることが、緘黙症だったわたしの、そうすることしかできない形。

 

 

そして、ネガティブな感情を湧き起こし、拒否感、悲しみ、怒り、悔しさ、あきらめ、猜疑心・・・

 

 

子供の頃によく抱いていた感情、感覚を思い出しました。

 

 

自分を守る心がネガティブな心として湧きあがってしまう、子供の頃からの癖があるんだなと。

 

 

自分をたくさん癒してきたつもりでしたが、わたしには、「自分を癒す」「自分を愛する」ということをもっとたくさんしていく必要があるなと感じました。

 

 

 

タロットカードと、あるカードで出た言葉の意味、

 

 

「過去の手放し」

 

「許し」

 

「未来に目を向ける」

 

 

子供時代のネガティブな思いは、顔を出すけれど、顔を出してもそこで自分を責めず、自分をたくさん癒すこと、

 

そして、過去のネガティブな感情を手放し、むしろ過去はいいように活かし、未来に向けて進んでいきたいなと思ったのでした(^^)