Happy Life

自分らしく笑顔で前向きに過ごすための気づきや情報・日々の思いを書いていきます。

人は神様。

わたしのいる職場(高齢者施設)で、ある利用者さん(Kさん)がいました。

 

 

わたしは、他の利用者さんの対応をしているときに、

 

少し適当な対応をしてしまいました。

 

 

すると、それを見ていたKさんが、

 

 

 

「そんなことをしたな、神である人にぃぃぃ!」

 

 

 

と言い、みるみるKさんの顔が、本物の鬼の形相に変わっていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしはそこで、はっと目が覚めました。

 

人は神

これは、今年のお正月ぐらいに見た夢です。(笑)

 

 

その夢がなぜか今でも鮮明に覚えています。

 

 

これはきっと、神様からのメッセージかもしれないと思いました。

 

 

わたしは、「人は神様なんだ」と深く納得させられました。

 

 

わたしの神様のイメージは、

 

見守ってくれる存在、よりよい道に進むための教え導いてくれる存在だなと思います。

 

 

そういえば・・・

 

 

わたしはこれまで、人からいろんな大切なことを教えてもらいました。

 

そして、人生の岐路には、誰かの言葉がきっかけでいい方向に導いてもらいました。

 

 

たしかに、

 

 

「人は神様だ・・・」と思いました。

 

 

また、「人は鏡」という言葉があるように、

わたしたちは、人を通して、自分を見せられています。

 

 

そして、「因果応報」という言葉があるように、

自分が行ったことは、必ず返ってくると言います。

 

 

人に対して、適当な対応をしていると、自分も適当な対応をされたり、悪口を言うと、悪口が返ってきたり。

 

 

反対に、人に対していいことをしていると、いいことが返ってきます。

 

 

必ず、「人」を通して、いろんなことが関わり、影響されているなと。

 

 

「人」という存在は、なんて尊い存在なんだと思いました。

 

 

そして、どんな人からも教えてもらっているんだよなぁと。

 

 

自分が嫌だなと思う人からも、必ずなにか学んでいます。

 

 

人によって傷つくこともありますが、そこから必ず何か学びがあります。

 

そして、大切なことを教えられ、導かれ、

見守ってくれる。

 

 

人を神様のように大切に思い、どんな人との関わりも大切にしていくことを心掛けたいなと思えた夢でした(^-^)

 

 

では、本日も読んでくださりありがとうございました。