Happy Life

自分らしく笑顔で前向きに過ごすための気づきや情報・日々の思いを書いていきます。

子供たちの大きなやさしさ。

以前、友人たちと遊びに行ったときの話。

 

友人たちとその子供たちと遊びに行きました。

 

ある友人の子供が、ゲームセンターでとったブレスレットを持ってきており、プレゼントしてくれました。

 

オレンジやピンク、水色や紫。

 

様々な色のブレスレットを分けてくれ、みんなそれぞれ好みの色を選びました。

 

わたしは、紫がテーマカラーだったので、紫がいいなと内心思っていましたが、

子供たちを優先し、選ばせました。

 

ある友人の子供、Yちゃん(小学校2年)が、「紫がいい」と選び、わたしは大人気なく「残念」と内心思いましたが、ピンクのブレスレットが残り、それをもらいました。

 

とても可愛いブレスレットで、プレゼントしてくれた子のやさしさを感じました。

 

もらったブレスレットをつけて、Yちゃんとブレスレット可愛いねとお互い話している時に、

 

「〇〇(わたしの名前)、どっちが好き?」と聞かれました。

 

わたしは「どっちも好き」と答えましたが、そこから「わたしのラッキーカラーは紫なんだ」と何気なく言ってしまいました。

 

Yちゃんは「そうなん?」と答え、ふと表情が変わるのを感じました。

わたしは、「あっ」と思い、すかさず「でもどっちも好きだよ」と伝えました。

 

その後しばらく経ってから、

「ねえねえ、Y、こっちがいい」とわたしのピンクのブレスレットの方がいいと言ってきました。

 

「変えてほしい」って。

 

わたしは、自分が言った言葉が理由でYちゃんがそう言っているんじゃないかと思い、「気にしてくれてるの?」と聞きましたが、「変えてほしい、こっちがいい」と少し泣きそうになりながら伝えてきました。

 

そう言ってくれているので、わたしのピンクのブレスレットとYちゃんの紫のブレスレットを交換しました。

 

Yちゃんは「ありがとう」と笑顔になりました。

 

わたしも「いいえ、こちらこそありがとう」と答えました。

 

わたしはそのやり取りで、自分の大人気なさも感じながら、

Yちゃんのやさしさに胸が熱くなり、涙が出てきそうになりました。


わたしが、ラッキーカラーが紫だと言ったことで、Yちゃんは自分のブレスレットと変えてくれたのだとしたら、Yちゃんの心やわたしに気を遣わせることなく自分が「変えてほしい」と言ったことが、なんて相手のことを思いやれる子なんだと思いました。

 

その点、わたしの言動に反省しました。

 

Yちゃんのやさしさを通して、Yちゃんに「やさしさ」を教えられました。

 

今でもそのブレスレットを見るたびに、Yちゃんのやさしさを感じます。

 

子供たちに心を動かされ、教えられた経験でした。

 

では、本日も読んでくださりありがとうございました。