Happy Life

笑顔で前向きに過ごすための気づきや情報・日々の思いを書いていきます。

「切り離す」という考え方。

こんにちは(^ ^)

 

以前の記事で「切り離す」という考えが大切だと書いたことがあります。

 

わたしはこの「切り離す」という考え方は人生においてあらゆる状況で大切なことだと思っています。

 

今回は自分の経験からこの考え方が誰かの何か参考になればと思い、かいてみました(^_^)

 

「切り離す」という考え方は、

 

「親との関係性を切り離して考える」

「過去に対して切り離して考える」

「自分自身に対して切り離して考える」

「起こった物事に対して切り離して考える」

 

などあらゆることに当てはめて考えることができます。

 

「切り離す」とは「客観的に見る」ということです。

 

 わたし自身この「切り離す」という考えができていなかった時は、起こった状況に対して、深くのめり込んでしまいネガティブな思いにとらわれ、ストレスから病気になることがありました。

 

また、自分の人生と親の人生が無意識に同化しており、無意識に親の人生を歩もうとしていました。

そのため、自分というものが分からずに「人生の辛いことは親のせいである」と考えてしまい、人のせいにする人生を歩んでいました。

そして自分の性格がこうなのは、親がこんな性格だからだと思っていました。

 

人とのコミュニケーションが苦手なのは、緘黙症という過去があったからだと考えていました。

 

 

確かにその状況に対して親やその環境、その過去があったからというのは一因ではあると思います。

 

でも、果たしてそれだけが理由なのかと思いました。

 

それはただの自分の思い込みに過ぎず、ただ人やその状況のせいにしているだけだということに気がつきました。

 

起こった状況に対して、そんなに深くネガティブにとらえる必要もありません。

自分が一番気にしていました。

 

緘黙症だったわけではなくても、コミュニケーションで悩んでいる人はたくさんいます。

 

親の考えと自分の考えが同じであるとは限りません。

小さい頃からの親の考えが無意識に刻まれていますが、いろんな人の考えを通して自分の考えは確立していきます。

 

一因ではあったとしても、他に考えられる理由はあるのです。

 

そしてその他の理由の方が大切でした。

 

小さい頃からの環境や親の性格、過去のこと、起こっている事象については変えることはできません。

 

変えることのできないことをそのせいにしてネガティブになり、ネガティブな悪循環におちいってもそれは自分で作っているものです。

 

ある辛い状況が起こっても、そこにのめり込んでしまうと一緒に辛い状況と同化してしまい、視野が狭くなります。

 

 そこで客観的に切り離して考えるのです 。

 

すると「こういう状況が今起こっているんだ」と客観的に見ているので、広い視野を保ち、物事に対処することができます。

 

親との関係性では「親がこうだから、自分もこうなんだ」と同じとらえかたをするのではなく、「親は親で自分は自分なんだ」と切り離して考えます。

 

自分というものを確立するのに、確かに親の性格や育った環境は大きいと思います。

 

でも、親も自分もみんな一人ひとり個性があります。同じということはありません。

 

同じではないのに、同じようにしなくてはいけないという無意識の考えから違和感が生じ、その葛藤が生きづらい現状を作っている場合もあるのではないかと思います。

 

それを解消するために親と自分を切り離して考えることが大切でした。

 

そして「過去がこうだから、自分はこうなんだ」と考えてしまうこと。

 

以前のわたしは緘黙症だった過去を受け入れられませんでした。

 

過去を受け入れられないと、受け入れられない現状がついてきます。

 

過去と今の自分を切り離して考えました。

 

すると過去があったからこそ今があるということに気づき、過去を受け入れることができたのです。

 

過去を否定せず、現状を否定せず、これからどうしていくのかということの方が大切ではないかと気がついたのです。

 

こんなふうにわたしは「切り離す」という考え方をしたことで、あらゆる状況を受け入れることができるようになりました。

 

そしてそこには必ずプラスのことがありました。

 

辛い状況でもそこには必ず何かの学びがありました。

 

親のことも悪い面ばかりを見ていて気づかなかったプラスの面に気づきました。

自分のこういう面は親のおかげなのだと思えたり、本心から感謝の気持ちを持つことができました。

 

過去があったからこその気づきやそこから前に進む原動力がわき、むしろ過去があってよかったと思えました。

 

この「切り離す」という考え方に気づいてから、まだ年数は浅いので、完全にできているとは言えませんが着実に身についてきています。

もしこの考え方をしていなければ、今も人や過去のせいにしたり、ネガティブに考える力が強かったかもしれません。

 

そしてこの考え方はこの先も、あらゆる状況で生かされるんだろうなと思っています。

 

もし人や過去、物事にとらわれてしんどい状況にいる人がいるのなら、この切り離して考えることが参考になればなと思います(o^^o)

 

では、読んでいただきありがとうございました♪

f:id:yuu-hanablog:20210223115405j:plain