Happy Life

笑顔で前向きに過ごすための気づきや情報・日々の思いを書いていきます。

「道」

自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。 どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。 自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。 広い時もある。せまい時もある。のぼりもあればくだりもある。 たんたんとした時もあ…

「切り離す」という考え方。

こんにちは(^ ^) 以前の記事で「切り離す」という考えが大切だと書いたことがあります。 わたしはこの「切り離す」という考え方は人生においてあらゆる状況で大切なことだと思っています。 今回は自分の経験からこの考え方が誰かの何か参考になればと思い、…

心が痛いとは?

こんにちは(^ ^) わたしたちは悲しいニュースをみたり、辛い状況にあったときに「心が痛い」「胸が痛い」という言葉を使います。 この「心が痛い」というときは実際に痛みを感じているわけではありません。 そもそも「心が痛い」ってどういうことでしょう? …

人こそ人の鏡。

こんにちは(^ ^) 「人は鏡である」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。 日本には『人こそ人の鏡』ということわざがあります。 この意味は「他人の言動は鏡に自分をうつす鏡のようなものであるから、他人をみて自分を改める参考にせよ」とあり…

目に見えないものは信じますか?

こんにちは(^-^) この世界には目に見えないものがあります。 そしてその目には見えないものは私たちの身近にあります。 見えないものでそこにあるものとして思いつくものは「空気」でしょう。 人間は空気中にある「酸素」を取り入れ、「二酸化炭素」を排出す…

幸せは人との関わりから生まれる。

こんにちは(^ ^) 「人間のすべての悩みは対人関係の悩みである」 と心理学者のアドラーは言っていますが、またこのことも言っています。 「すべての喜びもまた、対人関係の喜びである」 私たちは、人間社会のなかで生きています。 そのなかで悩み、悲しいこ…

Awe(オウ)体験をしてみよう!

こんばんは( ^∀^) 皆さんは自然を眺めたり、星空を眺めたりするときがありますか? わたしは気分転換したいときに、自然を眺めるのが好きです。 心がスッとして体の力が抜ける感覚があります。 そんな自然に身を置くことでAwe(オウ)体験をすることができ…

ポジティブのメリット。

みなさんにとって「幸せ」とはなんですか? 「成功」とはなんですか? 何を持って「幸せ」「成功」と定義するのでしょうか? 人によりさまざまだと思います。 「仕事が成功すれば幸せだ。」「お金持ちになれば幸せだ。」など何かが成功・達成することによっ…

状況は変わりゆくもの。

こんばんは(^ ^) 最近わたしの周りで何十年と続いていた、ある状況がプツンと途切れました。 そこで思ったことは「ずっと同じ状況は続かない」ということです。 日々状況は変化します。 自分自身もそうです。赤ちゃんの頃から今まで心身ともに変化しています…

脳は変化するのか?

こんばんは(^ ^) みなさんは、性格をかえられると思いますか? 以前に思考次第で運命を変えることができるという記事を書いたことがあります。その記事↓ hanayuka-blog.com わたしは性格は変えることができると思っています。 今回はそのことについて脳の話…

嫌なことはチャンス。〜part2〜

今回は「嫌なことはチャンス。」のpart2です。 前回の記事では「嫌だ」と感じたことから、自分が相手にどうしたいのかがわかると書きました。 「嫌だな」と思うことがあります→これが「嫌なのだ」とわかります→「じゃあ、どうしたいんだろう?」と考えます→…

感染を防ぐこと。

こんばんは(^^) 新型コロナウイルスによる感染症は収束の兆しがまだ見えないですね・・・。 少しでも多くの命を守るため「感染を防ぐこと」が必要なのだと思います。 同じように養豚業界でも豚熱が流行しています。 いきなり豚の話かと思われた方もいるかも…

ポジティブとネガティブ。

こんばんは( ^∀^) 思考にはポジティブ思考とネガティブ思考がありますね。 人間にはどちらの思考も持ち合わせています。 どちらの思考を感じやすいかで自分がポジティブ思考かネガティブ思考かに分かれるのでしょう。 わたしは以前はネガティブに考えるこ…

嫌なことはチャンス。

こんにちは(^-^) 世の中には本当に色々な人がいると思います。 「今」を生きている人たちはさまざまな国や地域、環境のもとで過ごしています。 こんなに多種多様な人、環境があるなかで、今を生きているんだなと。 人はさまざまな場所でその人なりの思いを持…

過去をどうとらえるか?

こんにちは(^-^) 緘黙症時代を思い返すと、人との関わりでつらかったことはありました。 でも今では悲観的にとらえておらず、むしろプラスにとらえています。 一番印象的な場面は幼稚園児(5、6歳)の頃の話です。 そのころのわたしは幼稚園でかなりの反抗…

みなさんはどんな人生を送りたいですか?

こんにちは( ^∀^) 早速ですが、みなさんはどんな人生を送りたいですか? 将来どんな自分になっていると思いますか? 家族や友人と楽しく幸せに過ごしている自分、お金に不自由なく過ごしている自分など自分の未来が幸せな自分でイメージできる方やネガティ…

人間って複雑。でもみんな同じなんだ。

「人間のすべての悩みは対人関係である」と心理学者のアドラーが言っている通り、実際対人関係で悩んでいる人は多いのでしょう。 親との関係、兄弟との関係、友達との関係、職場の人たちとの関係・・・さまざまな人たちとの関係で劣等感やストレスを抱えてい…

人は思い込みをするもの。

こんにちは(^-^) わたしたちは同じ人間ですが、みんなそれぞれの環境で生きてきた背景もちがい、生まれ持った素質、性格、思考もことなります。 わたしたちは生きてきた過程での自分を取り巻く環境、親や兄弟、親戚、周りの人たちの思考、その土地の風習や宗…

HSPと場面緘黙症の話。

今回はHSPと場面緘黙症について考えたことです。 HSPについては「繊細さん」の本が話題になり、知っている方も多いと思います! また自分がHSPなのかの診断するサイトもあり、「HSPなんだろうか」と気になり診断された方もいるでしょう(^-^) 場面緘黙症はHSP…

新年のご挨拶。

あけましておめでとうございます。 昨年は12月からですが初のブログを始めました。まだ投稿回数は少ないですが、これからもっとたくさん投稿していきたいと思っています。 自分のかいた記事を少しでも読んでくれる方がいると、とても嬉しく感じます☆ 本当…

緘黙症時代の嬉しかったこと。〜part2〜

こんにちは(^-^) 前に緘黙症時代で嬉しかったことの記事を書きましたが、今回はそのパート2です。 前回の記事にかいたのですが一番嬉しかったことといえば、「普通に関わってくれたこと。」でした! よければその記事↓ hanayuka-blog.com 「みんなとは違う」…

潜在意識のはなし。

こんにちは。 みなさん、潜在意識って知ってますか?(๑˃̵ᴗ˂̵) わたしは潜在意識を知って、これを活用できるようになると自分に対する見方もかわり、人生においてもプラスになると思いました! 潜在意識って、スピリチュアル的なものなのかと思っていたのです…

全緘黙症、家族と話せなくなったこと

こんにちは(^-^) わたしは物心ついたころから場面緘黙症でしたが小学校4、5年あたりから全緘黙症になり、高校生のころは家庭で話すことができませんでした。 本来、場面緘黙症は家庭では話をすることができ、親との関係性が原因ではありません。 しかし、…

自分を知ると、あらゆるものが見えてくる。

みなさん、自分のことは知っていますか? 「もちろん自分のことは知っているよ」という方から「自分のことはなんとなくしか分からない」という方もいると思います。 わたしは・・・自分のことを知りませんでした。 そんなわたしのように「自分のことでも自分…

思考は過去から定着してきたもの。

こんにちは。 前回は思考が運命を作っていくという記事をかきました。 それに関連して、今日はその「思考」について記事をかきます。 思考は十人十色 人は同じモノを見ても、見る人によってそのモノの見方に違いがあります。 例えば「星」と聞いて、何をイメ…

思考が運命をつくっていく

みなさん、こんな言葉をご存知でしょうか。 思考に気をつけなさい。それはいつか言葉になるから。 言葉に気をつけなさい。それはいつか行動になるから。 行動に気をつけなさい。それはいつか習慣になるから。 習慣に気をつけなさい。それはいつか性格になる…

緘黙症時代の嬉しかったこと

はなゆかです。 今回は緘黙症時代の嬉しかったことを伝えたいと思います。 緘黙症時代に嬉しかったこと、それは「普通に関わってくれた」ことです。 緘黙症時代のわたしは「みんなと違うわたし」という感覚を持っていました。 声を出せないため「みんなと同…

自己肯定感を高められたきっかけ。みんなそれぞれかけがえのない存在。

はなゆかです。 今回は自己肯定感の低かったわたしが自己肯定感を高められた話をしたいと思います。 わたしがなぜ自己肯定感を高められたのかをはじめにいいます。 それは、ずっと自分のことをダメだ、嫌いだ・・・と思っていたけど 本当は「自分のことが好…

緘黙症だったことでの問題

はなゆかです。 緘黙症を克服してからわたしは一般的な社会生活を送ることができるようになりました。 でも緘黙症だったことで問題だと思うことがありました。 いくつかあるのですが、その中で一番大きな問題だと思ったことについて話します。 それは 「自分…

わたしの緘黙症時代 〜声を出せなかった幼少期、青春時代〜

はなゆかです。 わたしは物心ついたときから18歳まで緘黙症でした。 ここで緘黙症だったことについて書きたいと思います。 ↓ここで緘黙症について↓ 場面緘黙とは 家庭ではごく普通に話すのに、幼稚園・保育園や学校などの社会的な状況で声を出したり話した…